アイドルに夢を求めすぎてたなーと思った話。


ものすごく暇なので比較的長めの文章でも書いてみようと思います笑

題名のことを思ったのは、ヘイセイジャンプの伊野尾慧が某女性タレントとの密会を週刊誌に撮られたとき。

相手の女性は、セクシー女優といわれる人。自分では職業差別とかしているつもりはなかったが、ショックだった。「なんで、どうして」って感じに。

じゃあ普通の女優だったらショックじゃないのか、と考えても多少は変わってもやっぱり同じ気持ちだろうなあ。

ネットにあがってる写真はどうみてもいのちゃん本人にしか見えないし。

自分は所詮大勢のファンの一部で本人と話したことも相手に認識されたこともないのに、いっちょ前に裏切られた気分になった。携帯待ち受けもいのちゃんからシンプルな模様のに変えて、コンサートで一目ぼれして買ったはずのうちわは見たくなくなった。

同じような気持ちをかかえている人を探して心を落ち着かせようと、いつも見ていた、伊野尾ちゃんのファンブログへいってみた。

そこには予想通り、ショックで立ち直れない人だらけだった。でもたくさんのコメントを読んでいて引っかかる意見があった。

それは「夢を与えるのが仕事なのにプロ意識が足りない」という批判。

確かにアイドルは夢を与える存在だとよく言われる。

でも夢ってなに?一瞬でも付き合えるかもとかアイドルを独占したいとかそういうことなのだろうか。

アイドルだって中身は普通の人間だから少し羽目をはずしたり恋をすることだってあると思う。

でも「夢を与える」という言葉ひとつでアイドルからいろいろな権利を制限したり奪ったりしすぎなのではないか。

そのことを強く思ったのは、騒動直後の生放送で伊野尾ちゃんの疲れ切った顔を見たとき。

私はそんな顔を見たくてファンになったんじゃなく、笑顔を見たいんだと気づいた。

彼がプライベートで何をしようとも、ステージで魅せてくれた歌やダンスや笑顔はなかったことになんてならない。

なのにどうして、ファンはスキャンダルひとつで、アイドルがいつだってテレビの前やコンサート会場のファンを楽しませようとしてくれたことを忘れちゃうんだろう。

普段から夢を与えられすぎると、過剰に求めてしまうのかもしれない。

そして少しでも夢が崩されると、手のひら返し。

上記のことは、男性アイドルファンに限らず女性アイドルファンにもかなり当てはまることだと思う。

もしも好きなアイドルがスキャンダルを起こして怒りが沸き上がってきたら、一度彼彼女に与えてもらった夢を思い出してほしい。アイドルの歌を聴いて元気になれたこと、頑張ろうと思えたことなど。そうすると、いままで大好きだったアイドルを傷つける発言は簡単にはできないと思う。



[PR]
by sigotodekinai | 2016-11-21 21:07 | 無駄に考えてみた | Comments(0)